女性

うつ病とストレスの関係性を知って治療に役立てよう

さまざまな症状

悩む人

うつ病の症状は精神的なものだけではないことをご存知でしょうか。精神症状で言うと感情面や意欲喪失などがあげられます。身体症状は、眠れなくなったり食欲が低下したりするといった症状が出てきます。うつ病によって出てくる症状も人それぞれで、精神面での症状がひどく出る場合もあれば身体症状で出てくる方もいるようです。では、これからうつ病によって現れる症状を細かく説明していきたいと思います。また、うつ病には身体的症状が出ると言っても精神的な症状が多く出るため、精神面に関する症状が主に出てきます。うつ病の中心となる症状のひとつで、感情面に強くわかりやすい症状が見られます。それは、抑うつ気分と言われるものです。抑うつ気分というフレーズは多くの人が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。憂鬱な気分や状態が続き、気分が晴れないといった症状に悩まされる方が多いという特徴があります。そして、これらの気分の落ち込みの他に孤独感を感じてしまったり、絶望感を感じたりしていくようになる場合があります。さらにうつ病の症状が悪化していくと、ネガティブ思考がヒートアップしていきます。そしてそれらの症状により、喜びなどといった嬉しい感情を抱くことが出来なくなるようになってしまうのです。日々に起こった出来事にも興味を抱かなくなってしまい、反対に不安感を強く抱くようになります。こうした症状を訴えて、うつ病の患者さんは病院を受診することが多いと言えるでしょう。次に紹介するのが、意欲低下の症状です。意欲の面で現れる症状は、とてもわかりやすく今までの本人と違った状態になるため、周りも本人の変化に気づくのではないでしょうか。その症状というのが、今まで好きだった趣味や物事に対して興味を失って趣味をやめてしまったり、家事や仕事への意欲が急激になくなったりすることです。こういった意欲の喪失があり、何をするにも億劫に感じてしまい、最終的には何も出来なくなるといった状態に変わっていくのだと言えます。これらの症状が家族や周りの人に見られたら、精神科や心療内科などの受診を勧めてあげるなど一声かけるといった気遣いをするようにしましょう。何もないならそれで良いに越したことはないですし、何か見つかったとしても、早期発見につながるならとても良いことだと言えるでしょう。うつ病は早期発見をして、放置をせずに治療に専念していくことが大切なので周りが気付いてあげることはとても重要なことです。そして、うつ病で一番大きな症状というのが思考回路に関わる症状です。専門的な言葉で言うと、思考抑制と言われています。この症状がどのようなものかと言うと、考えても集中が続かず、結果考えていたことがまとまらないといった状態になります。その他にもアイディアが浮かんでこなかったり、そもそも頭が動かず何もできなくなったりすることを指しています。その他にも、思考を左右されていく要素が悲観的思考というものです。心が健康であった時は思いつきもしなかったネガティブな思考になってしまいます。それがうつ病の特徴であり、怖い病気だと言えるでしょう。この思考によって、自分を必要以上に責めてしまい日常生活にも支障を及ぼす程になっていきます。そうなる前に、自分自身で気づいてあげることも大切です。うつ病の治療は、一般的な病院と変わらない流れで受診出来るので臆せずに一歩を踏み出すようにしましょう。次に身体症状を説明していきます。うつ病による身体における症状は、体にだるさを感じたり、少しのことで疲労を多く感じたりしてしまうような症状を指しています。他に代表的なのが眠れない、極度の眠気に襲われるなどといった症状です。うつ病における睡眠障害はとても種類が多く、それらの症状が続いて心療内科などで治療をスタートさせる人も少なくないでしょう。眠っていたのに夜中に必ず目が覚めて起きてしまう、眠りが浅くて眠った気がしないなど、日常的にも困ってしまう睡眠障害が出てくるのであまりにもその状態が長く続くようでしたら、うつ病かもしれないと思っていた方が良いでしょう。睡眠の他にも、食欲不振や胃に不快感を覚えたりします。それらの身体的症状だけを見ると、うつ病だと気づきにくいと思います。そのため、身体的異変や気分不調を感じたら、インターネットサイトなどを活用してうつ病の治療や基本情報について調べてみると良いでしょう。

Copyright © 2017 うつ病とストレスの関係性を知って治療に役立てよう All Rights Reserved.